急性期病棟看護師求人口コミ

急性期病棟の働きがい

27歳 大阪府 看護師

 

私の同期やまわりの看護師も結構辞めていく人が多いのです。
それは、何年も前からの問題で全国的に慢性的な問題になっています。

 

私も何度も看護師という仕事を辞めてしまいたいと思った事は、日常茶飯事的にあるのです。
原因は女性ですから結婚や育児などの理由もあるのですが、看護師という仕事の苛酷さというのが主な原因です。

 

看護師の職場は時間も夜勤などもあり不規則なっていて、その仕事の内容も重労働になっているのです。
残業なども毎日のようにあり、自分のプライベートな時間があまりとれないのです。
時間があっても普段の看護師業務でかなりの疲労が蓄積されていて、休日も疲労回復のために費やすために使ってしまうのです。

 

私は最初に看護師としての業務についてからは、ある程度の予備知識があったのですがやはり勤務体系については、ついていくのがいっぱいいっぱいでした。

 

それでも人間というのは恐ろしいもので、習慣になってくると体もだんだん慣れてくるものなのです。
そこで私はどうせ同じような勤務ならば、急性期病棟での勤務をやってみたいと思うようになって来たのです。

 

急性期病棟も残業が多いというのはわかっていました。
しかし、自分でいろいろ調べてみると最近の急性期病棟では、看護師業務の負担を軽減するためにコメディカルスタッフとの業務分担が進んでいる病院が多くなってきているのです。

 

急性期病棟では、短期間にいろいろな病状の患者さんが出入りするところです。
そのために今までにいた病院とは違った看護師としての知識や経験が得られるのです。

 

私の知り合いにも急性期病棟に勤務している人がいますが、短期間のうちに大変たくましくなって看護師として頼りがいのある存在になっていました。
それだけ急性期病棟では、スキルアップが他とは進んでいくのではと思いました。

 

転職に際しては、インターネットから利用出来る看護師求人サイトを利用しました。
看護師求人サイトでは、私に担当の人がついてくれて丁寧に希望等を聞いてくれます。

 

私の希望は、勤務地の指定と急性期病棟であること。
できればどのような勤務状態か事前にわかって、楽に超した事はありません。

 

看護師求人サイトでは、地域に特化した担当者を配置している場合が多く特定の病院の内部事情などを把握しているところも多いのです。

 

担当者からいろいろな話を聞く事が出来て、転職もすんなりいったと思います。
今は看護師という仕事にやりがいをもって出来ています。