急性期病棟看護師求人口コミ

実際に急性期病棟を探してみて

24歳 福岡県 看護師

 

看護師という仕事に就いてようやく落ち着いてきていました。
最初は、患者さんの命を預かるという意識から毎日が緊張の連続でした。

 

また勤務的にも今までは夕方で終わりという学生時代から、残業や夜勤などのシフト勤務に体が追いついていけずに体調を崩す事もありました。

 

一番こたえたのは、休日での遊ぶ時間があまりとれないことです。
時間的にはあるのですが、それ以前の業務がかなりの負担となって休日はただ休むだけの時間となっていたのです。

 

それでも忙しいなりにも体が慣れて来て、看護師業務にも自信を持つことが出来るようになってきました。
そんな時に同期の友人の看護師が、急性期病棟のある病院へ転職したのです。

 

 

しばらくして彼女に合った時には、以前とは違った彼女になっていました。
以前はなんだか疲れがたまっていそうな感じだったのですが、今はなにか生き生きとした表情になっていました。

 

急性期病のイメージは、とにかく忙しいという事しか私の頭になかったのですが今ではかなり労働環境も変わって来て働きやすくなって来ているみたいです。

 

もちろん病院によっては、依然と残業量も多くかなりの負担が看護師が背負っているところも多いと思います。
しかし、探せばある程度労働環境のいい急性期病棟があるのかもしれません。

 

私は急性期病棟には一種のあこがれを持っていたのは事実です。
しかし、仕事がきついということで尻込みしていました。

 

看護師としてある程度働いて、残業や夜勤のきつさも経験した今では急性期病棟への転職も可能なのではと思うようになりました。

 

看護師の転職する場合にはいろいろな方法があります。
看護協会などで転職している人も多いと思います。

 

私は看護師求人サイトを選択しました。
看護師求人サイトには個別の担当者がいて、希望の転職先の紹介から面接の設定などもしてくれるので自分の負担もかなり軽減するのではと思ったからです。

 

看護師求人サイトの登録は、インターネットから簡単に出来ます。
コンサルタントという担当者に、面談で希望地や希望条件などを伝えておけばあとはコンサルタントにお任せでいいのです。

 

病院での仕事が忙しくても、着々と転職活動は進んでいくのです。
しばらくしてコンサルタントから連絡があり、希望条件で急性期病棟が見つかりました。

 

残業の方もかなり対策をしているみたいで、かなり減って来ているみたいです。
私の新しい一歩が始まったのです。

 

緊張感たっぷりの職場ですが、毎日やりがいを感じています。