看護師の離職率

看護師職場の実際は

最近の看護師の求人は大変多いものとなっております。
しかし、一方では折角取得した看護師という資格を放棄して職場を辞めてしまう人も多いのです。

 

厚生労働省によると、2011年から2015年にかけて、最大で約5万6000人の看護師が不足するのではないかと試算されています。
日本看護協会が実施しました「病院の看護職員受給状況調査」によれば、2010年の看護師の離職率について常勤看護師では11.2%であり、新卒の看護師の離職率については8.6%というデータが出ているのです。

 

これは他の職業と比較しても高い数字となっているのです。
看護師の職場は、一般の企業と違い女性が多くを占める職場となっていますので、結婚や出産・育児などで離職率が高い傾向にはあると思います。

 

それでもこれだけ離職率が高いのには、やはり別な原因も多いのです。
それは看護師の勤務状況にあると思います。

 

残業は日常茶飯的に行なわれていますし、夜勤の回数も多く体力的にも精神的にも疲労してしまい最終的には看護師という職場から去っていってしまうのです。

 

このため病院や各医療施設でも、離職を防ぐためにいろいろな工夫をしています。
残業や夜勤などの体制を見直して勤務時間的に楽になるように設定したり、結婚や出産した後においても病院から離れることなく看護師としての勤務を続けていける事ができるように院内保育所などを設けているのです。

 

しかし、今の看護師においてもあえて忙しい職場を希望している看護師もいます。
急性期病棟」という職場は、絶えず忙しくて業務の内容においても緊急性の高い業務を行なう場合が多いのです。

 

急性期病棟」を希望する看護師は、自分の看護師としてのスキルアップをこの「急性期病棟」で経験する事により測ろうとしているのです。

 

そこでは短期間で、いろいろ病状の人について対応していく事になるのです。
こういった経験により一般の看護師と比べて短期間で知識や経験が得られるのです。

 

看護師において、若いうちにはいろいろな経験が必要であると思います。
その経験は「急性期病棟」において、かなりの経験が出来るのです。

 

残業や夜勤なども改善されて来ていますので、若いうちに経験してみてはいかがでしょうか?
急性期病棟」などの求人を探すのならば、パソコンやスマートフォンから簡単に登録出来る看護師求人サイトがいいと思います。

 

自分で検索して探さなくても担当の人が、あなたの希望条件で探してくれますよ!